血栓を予防する方法【回避するための対策を学ぶ】

女性

動脈が詰まってしまうと

血液の流れ

栄養補助食品

私たちの身体の中には無数の血管が走っています。血管は動脈と静脈に分けることができ、心臓から各種臓器や器官に向かう血管を動脈、逆に臓器や器官から心臓へ向かう血管を静脈と呼びます。通常であれば、血液はスムーズに血管内を流れていくのですが、血液の粘度が高くなると血液の流れは緩やかになります。そして、血液の粘度を上昇させる原因として脂質異常症があります。脂質異常症とは、高中性脂肪血症と高LDLコレステロール血症、そして低HDLコレステロール血症のことで、高い中性脂肪とLDLコレステロールは、動脈硬化を助長しさらに血液の流れが緩慢になってしまうのです。すると、血管内で血液が凝固しやすくなり、やがて動脈を塞いでしまうことになるのです。そして、これを血栓と呼んでいます。

サプリメントがあります

血栓により動脈が詰まってしまうと、その動脈を流れる血液により栄養や酸素を供給されていた臓器や器官の細胞が死滅してしまうことになります。このような現象が心臓で起こると心筋梗塞に、脳で起こると脳梗塞になるのです。ですから、血栓は恐ろしい病気を引き起こす原因になるのです。血栓を予防するためには、脂質異常症を改善することが重要になります。要するに、血栓の予防には、食生活の見直しや適度な運動が必要になってくるのです。また、DHA等のオメガ3脂肪酸を摂ることで、血栓の予防効果が期待できることから、最近ではDHAから製造されたサプリメントに人気が集まっています。ですから、生活習慣の改善やサプリメントの利用で、効果的に血栓を予防しましょう。